検見川リフォーム便り -2019.03-

           今日は朝から雨の日曜日の稲毛です。
           勝浦の神社の石段に並んだ見事な雛人形の
           風景も、今回は雨で見ることができませんが、
           屋内の展示もあちこちにありますので、お節句の
           賑わいは十分楽しんで頂けます♪

イメージ 1

さて、こちらの雛壇飾りの一番上の
雄雛と雌雛ですが、本来は
「お内裏様」で一対を指すのだそうです。
同様に、「おひな様」も、本来は両方を
指しているそうですが、童謡の歌詞
から、お内裏様がお殿様で、お雛様が
お姫様を表わす言葉に変わったとの事。
七段飾りは場所を取るので、最近は
3段又は、内裏雛1対だけの
飾りが増えました。

***************

只今チラシの4月号の準備中ですが、
今度も又、4月新発売の商品がお目見え
しますので、お楽しみにお待ち下さい。

この記事へのコメント