検見川ショールーム便り⑤ -2016.04-

            昨日の真夜中、再び大きな地震が熊本・大分
       地方を襲いました。その後も震度5を超える余震が
       何度も続き、報道に心を痛め、なすすべもなくただ
       祈るだけの日々が続きます。

         熊本の従兄宅では、幸い建物の被害はあり
       ませんが、昨日からガス・水道が使えなくなり、
       別の従姉は、娘の嫁ぎ先の家に避難しました。
       電話は通じますが、話の途中で余震に会話も
       途切れ、受話器からは戸棚のガラス戸が音を
       立てて揺れ、その度に家が壊れない様に、と
       念じるのがやっとです。

        さて、今日は災害時に役立つ情報をお届け
       致します。公衆電話は、災害時には、固定
       電話や携帯電話がつながらない場合でも、
        連絡が取れる可能性が高いのをご存知で
        しょうか。
    
        イメージ 1イメージ 2イメージ 3
  
       上段の2台は、デジタルタイプ、下の1台は
      アナログタイプの電話機です。停電時でも、
      硬貨を使えば通話ができ、大きな災害が
      あった際には、無料で使用できます。又、
      デジタルタイプは端末を使ってデータ通信も
      可能な、頼もしい電話なのです。

       阪神大震災の折、たまたま出先からテレホン
      カードで被災地の友人達と連絡が取れ、私が
      中継地点となって、家族や親族への伝言を
      伝える事ができました。2011年の春も、これで
      東京の伯父達の安否を確認する事が出来ました。
      以来、10円と100円硬貨、テレホンカードは
      切らさない様に心掛けています。

       昔は10円玉で3分間通話できましたが、今は
      近くで約1分、160㎞を超える地域では日中で
      8秒、IP電話の場合は、約18秒の通話との事。
      引出の中に眠っているテレホンカードもバッグの
      中に入れておくと、思わぬ時に役立ちます。

        小学生の約45%が公衆電話の使い方を
       知らない、と言われておりますが、子供達
       にも、非常時の連絡手段として活用できる
       事を知っておいてもらいたいですね。

        今週の20日(水)に、弊社のチラシの
       最新号が発行されます。皆様、お買い得
       情報をお楽しみに!
         

この記事へのコメント