検見川リフォーム本社便り -2021.12-

22855474_s.jpg

     クリスマスのお菓子と言えば、「シュトーレン」
    バター生地に、洋酒漬けのドライフルーツやナッツが
    練り込まれ、真っ白な粉砂糖をまぶした、日持ちのする
    食物です。

     14世紀頃、ドイツが発祥と言われ、ドイツ語で「坑道」を
    意味する様に、トンネルの様な形状のお菓子です。キリスト教
    では、クリスマスの4週間前から、キリストの降誕を待ちわびる
    アドヴェント(降誕節)の間に、日持ちのするシュトーレンを
    少しずつ食べる習慣があり、日本には1969年に初めて作られた
    記録があるそうです。

     今では、ケーキに近い、日持ちのしないタイプもあり、
    パン屋さんや、お菓子屋さんの店頭には、独自のレシピで
    いろいろなシュトーレンが美味しそうに並びます。

    ****************************

     さて、今年もあと3週間足らずとなりました。新型コロナの
    新しい株の流行も心配ですが、寒さと乾燥にはくれぐれも
    気をつけて、年末の慌ただしさに体調を崩されることのない
    様、心にもゆとりを持ってお過ごし下さい。

    

この記事へのコメント